銀行の投資信託やつみたてNISAの評判・良い口コミ悪い口コミと比較

銀行の投資信託やつみたてNISAの評判・口コミ

「あそこの銀行で投資信託やつみたてNISAを買いたいけど・・・口コミとか評判はどうかな?」

投信やつみたてNISAが買える銀行の口コミや評判を集めました。

大手銀行やネット銀行から小さな銀行まで、良い評判から悪い評判まで。

ファンドの取扱数やつみたてNISAの取扱数、購入時の手数料が無料のファンド数など、銀行ごとに調べて評判や口コミとともに掲載しています。

「いつもの銀行で投資信託を勧められた」
「銀行でつみたてNISAを始めようと思う」
「投資信託を買おうと思っているけど銀行ってどう?」

「この銀行の投資信託って、評判とかどうなの?他と比べてメリットあるの?」と迷っている方の手助けになれば幸いです。

\人気の証券会社を比べてみよう/

新NISAを始めるのに
おすすめの証券会社を比較

ファンド数/つみたて投資枠/クレカ積立などで比較

という人や、スマホやネットで簡単に人気の投資信託を購入したいという人は「【2024年最新版】おすすめ投資信託販売会社を人気の10社から比較!」を先にチェックしておきましょう。※↑クリックできます

銀行のつみたてNISAがおすすめの人

良い口コミからおすすめの人

こんな人には銀行でつみたてNISAを始めたり投資信託を買うことをおすすめできます。

銀行のつみたてNISAをおすすめしない人

悪い口コミからおすすめしない人

こんな人は銀行でつみたてNISAや投資信託を買うのはあまりおすすめできません。

\あなたにはどこがおすすめ?/

新NISAを始めるのに
おすすめの証券会社を比較

ファンド数/つみたてNISA/手数料無料などで比較

もし、「銀行のつみたてNISAは自分には合わないかも」と思った方はおすすめの証券会社の比較もチェックしてみてください。

銀行での投資信託の買い方(NISAでも買えます)

銀行で投資信託を買う流れ
  1. 投資信託用の口座を作る
  2. 買いたい投資信託を選ぶ
  3. 購入の申込

銀行の普通預金口座とは別に投資信託用の口座開設が必要になります

1.投資信託用の口座を作る

銀行で投資信託を買うには、普通預金口座とは別で投資信託用の口座を作る必要があります。(普通預金口座を持っている人でも別で新たに口座開設が必要です)

窓口で相談や口座開設をする場合は近くの支店を探しましょう。

投資信託用の口座を作れば、その銀行が取扱いしている投資信託を買うことができます。

投資信託を買う資金を投資信託口座に入金して、買いの注文を出せば買うことができます。

2.買いたい投資信託を選ぶ

口座開設が完了したら、投資信託の検索ページで検索をしてみましょう。

投資信託ランキングページから探すこともできます。

ファンドの概要や手数料などを確認して決めましょう。

投資信託は銀行や証券会社ごとに取扱いファンド商品が違い、その銀行が取扱いをしている投資信託しか購入できません。(銀行は証券会社ほど投資信託の取扱い商品数が多くないです)

もし買いたいファンドがお使いの銀行に無い場合はおすすめ証券会社10選などで探してみてください。

ネット証券などはかなり多くのファンドを扱っていますよ。

3.購入の申し込みをする

銀行の窓口、もしくはスマホやパソコンからインターネットで購入の申込ができる銀行もあります。

以上が銀行での投資信託の購入の流れになります。

投資信託は注文受付の翌営業日に約定(購入確定)します。

銀行での投資信託の買い方まとめ

  1. 投資信託用の口座を作る
  2. 買いたい投資信託を選ぶ
  3. 購入の申込をする

最初の投資信託用の口座を作るのが面倒かもしれませんが、一度口座を作ってしまえば簡単に買うことができます。

銀行のNISAで株は買えないの?

銀行の新NISAで株は買えないの?

銀行のNISAでは株を買うことができません。株を買いたいという方は、銀行ではなく証券会社の口座を作る必要があります。

2024年から始まった新NISAで株を買いたいという方は、証券会社でNISA口座を作りましょう。(参考:証券会社の口座の作り方

「銀行でNISA口座を作ったけど株も買いたい」という場合は、証券会社に金融機関変更の手続きをすれば新NISAで株を買うことができるようになります。